話題の消費者金融系のクレジットカード

  • クレジットカードに一本化して、計算ミスを予防しよう

    • 社会で暮らしを営んでいくためには、色々な維持費が家庭にも掛かります。

      各種公共料金や月末の支払い、ローンなどをしっかりと把握し、漏れ無くお金を用意しなければいけません。
      最近ではちょっとでも支払いが遅れますと、個人の信用力が低下します。ちょっとした計算ミスが原因でガス料金の支払いが遅れた、NHK受信料の支払いをド忘れしてしまった、お給料日を間違えて家賃に充てる分のお金を誤って使ってしまった等、社会人ならこういったトラブルに遭遇した経験が一度や二度はあるはずです。そういった維持費を個別に支払うと、やはり小さなミスが生まれやすくなります。



      支払い方がバラバラなものを、全て丁寧に管理して、その分のお金を毎月綺麗に用意するのは、なかなかに骨が折れる作業です。



      支払い方や引き落とし口座がそもそもバラバラだと管理するのが至難の業になりますので、時期を見て徐々に一つのやり方に一本化していった方が良いでしょう。


      例えば、昔は無理だった公共料金の支払いや保険料の支払いなども、なんとクレジットカードで済むようになりました。

      クレジットカードに一本化していけば、引き落とし口座に現金を常に入れておけば良いだけになります。



      月末、金策のために銀行行脚する必要が無くなります。
      またクレジットカードでまとまった額の維持費を毎月こつこつと支払っていけば、その分もお買い物での消費と同様にポイント付加の対象となりますので、計算ミスを予防出来る上、嬉しいユーザーへのポイント還元の利益まで得られます。